会社概要 / Company Profile

日本美的株式会社

社名 日本美的株式会社
所在地 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-4
KDX新大阪ビル4F
設立 2001年
代表取締役 田 明力
資本金 1,000万円

美的集団有限公司(本社)

社名 美的集団有限公司
所在地 中国528311
広東省佛山市順徳区北滘镇
設立 1968年
代表取締役 方 洪波
資本金 1,000億元

拠点 / Production Base

美的グループは、空調機を設計・製造する順徳工場他で品質保証に関するISO(国際標準化機構)9001及び環境マネジメントに関する国渣規格ISO14001の認証を取得しています。

  • R&DセンターR&Dセンター
  • 中国・合肥中国・合肥
  • 中国・重慶中国・重慶
  • 中国・順徳中国・順徳
  • インドインド
  • アルゼンチンアルゼンチン
  • ブラジルブラジル
  • エジプトエジプト
  • ベトナムベトナム

アジアの拠点

  • R&DセンターR&Dセンター
  • 中国・合肥中国・合肥
  • 中国・重慶中国・重慶
  • 中国・順徳中国・順徳
  • インドインド
  • ベトナムベトナム

南米の拠点

  • アルゼンチンアルゼンチン
  • ブラジルブラジル

中東・アフリカの拠点

  • エジプトエジプト

会社沿革 / Company History

樹脂製のビン蓋製造に始まった美的グループの歴史。その後、金属部品、金属製品、そして、家電へと事業フィールドを拡大して来ました。未知なるフィールドへの挑戦には幾多もの困難が待ち構えています。しかし、私たちは高いモチベーションを武器に、その困難を乗り越えてきたのです。そして、空調業界をリードする立場になった今もなお、まだ世の中にない製品を作り続けるために挑戦し続けています。

1960s

1968年
23人の北滘住民を率いて、5000元の資本金で創業

1980s

1980年
扇風機生産開始
1985年
家庭用空調事業開始

1990s

1993年
シンセン市場への上場
1999年
エアコン用コンプレッサ、業務用空調事業開始
ウォーターサーバー事業開始

2000s

2002年
分社化の推進
2004年
日系大手企業との合弁事業
冷蔵庫事業での栄事達・華凌の買収
2008年
Little Swan(小天鶴)の買収

2010s

2010年
売上高1000億元突破
2011年
ブラジル工場設立
2012年
インド工場設立、インド最大の空調機工場
2012年
創業者の何享健が勇退、方洪波董事長体制の開始
2013年
美的集団全体として株式上場
2014年
日本・大阪に中央空調の研究所を設立

製品の系譜 / Product Genealogy

わずか15年で、業務用エアコンのグローバルシェア第1位に。

1999年

東芝キャリアのインバーター技術を導入し、ビル用空調の開発に着手

美的グループ創業の地「順徳」で工場と開発施設を建設、製冷家電事業部にてビル用空調事業をスタート。

2000年

製冷家電事業部にてビル用空調 M系の製造・販売を開始

ビル用空調 Mシリーズの製造・販売を開始、中国市場で高い評価を獲得。

2002年

中国国内初、デジタルスクロール圧縮機採用

初号機の発売から2年、中国国内初デジタルスクロール圧縮機を採用した2世代目の空調機を発売。

2005年

室外機の能力を向上させるモジュール接続機能を実現

3世代目の空調機として室外機のモジュール接続自由組み合わせを実現、省エネ効果を拡大。

2007年

地球環境にやさしい冷媒 R410Aを採用

オゾン層破壊係数が0である冷媒 R410Aを採用、国際競争力のある商品へと成長を遂げる。

2009年

省エネと静音性を強化したMDV4を発売

省エネ性の高さが認められ、第4世代の空調機が2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会の会場で採用される。本ワールドカップで正式採用された製品は、中国資本のメーカーとしては当社が唯一。

2011年

水冷式ヒートポンプマルチを市場投入

MDVシリーズに水冷式ヒートポンプマルチが追加、国際競争力を大幅に強化。

2013年

革新的なデザインと共にIPLV7.5達成したMDVXシリーズ登場

「世の中にない製品を送り出す」そのモチベーションの高さから生み出されたデザインと共に省エネ評価基準であるIPLVで7.5を達成し、世界的に評価される空調機メーカーへと躍進。

2014年

空調業界のトップランナーとして業界をリードする商品を投入しつづける

IPLV値が7以上であることが当たり前の時代になりつつある中、当社はIPLV 7.70を達成。手を緩めることなく、世界の空調業界をリードする商品を投入し続けている。また、省エネだけでなく、低音暖房やスマートコントロール等を他社に率先して実現している。

ご挨拶 / Message From The President

最高の空調ソリューションを提供し、「世界中の人々の生活をより快適で、より幸せなものへ」と導く

美的グループ 中央空調事業部では、「常に最高の空調ソリューションを提供する」をミッションに掲げています。世界中のいかなる競合他社にも先行して積極的に先進的技術を導入、そして、中国国内に留まらずグローバルな協力関係のもとに空調分野の研究・開発へ熱心に取り組んできました。

その結果、中国において随一のリーディングカンパニーへと成長、そして、私たちの空調ソリューションは世界各地でベンチマークとされるまでに至っています。

企業理念である「省エネ・環境保護、美しい世界」を念頭に置き、最高の空調ソリューションを常に提供していくことで、私たちは世界中の人々の生活をより快適でより幸せなものへと導いて行きたいと考えています。

日本美的株式会社
代表取締役社長
田 明力
Tian Minlee

売上推移 / Sales Trend

2014年には売上前年比17%のアップ、2兆7000億円の売上を達成しています。